この度、アプリケーション構築プラットフォーム「NuApp」に
アプリ管理の権限管理機能を追加し、
開発の分業化に対応致しました。

従来NuAppでは、アプリを開発するユーザーの権限は一律同じものとなっており、
社内の複数組織でそれぞれアプリ構築を行うユーザー様で課題になっていました。

アプリ構築の権限管理機能は、作成するモデル・アプリのタグ付けと連動して、
ユーザーグループ毎に適切な権限を付与することができます。

この機能を使うことで、開発プロジェクト毎、組織や担当者毎に、
触ってよいモデル・アプリとその操作の範囲を制限したり、
部署ごとに一定のアプリ構築の裁量を与えることで、
エンドユーザーコンピューティングの基盤として活用することもできるようになります。

今後は、こうした機能も活用した効率的で安全な開発プロセスや、
エンドユーザーコンピューティングをご提案し、
アプリケーション構築プラットフォームとしてのNuAppを
幅広い業種・業務に適用できるよう充実化を図って参ります。

<スケジュール機能の詳細>
NuApp全プランにて利用可能。
Web版(PCブラウザ)のみに対応