グループウェア的な活用法 – タスク管理編

NuAppは業務特化したアプリだけでなく、一般にグループウェアと呼ばれる、
情報共有ツール・コラボレーションツールのほとんどの機能は実現できてしまいます。
例えば、タスク管理アプリも簡単に作成できます。

※ ノーコード開発ツール「NuApp」の活用例です。サービスの詳細はNuAppのご紹介ページをご覧下さい。

想定業種・業務

全ての業種業態

直感的なToDoリスト

ToDoリストに必要なことは、今すぐ取り組むべき優先的なタスクが何なのか直感的に把握できることです。例えば、期日が近いものから順に表示し、期限切れや今日が期日のものを色分けすることで、タスクの優先度を可視化することができます。

NuAppはノーコードでカスタマイズ自由なので、例えば、重要度等のタスクの属性に基づいて色分けしたり、条件に基づいてタスクを絞り込む機能を追加することも簡単です。

NuAppのリストについてはこちら

タスクの依頼

タスクを他のユーザーに依頼することも可能です。NuAppのプロセス管理で、タスクを依頼するワークフローを設定することで実現できます。

NuAppのプロセス管理についてはこちら

進捗の管理

実施期間の長いタスクの場合には、途中の進捗状況を随時登録していくことで、時系列でタスクに対する実施状況・進捗状況を確認することもできます。これは、NuAppの次のアクションや関連リストという機能を活用しています。

次のアクションや関連リストについてはこちら

リマインドのアラート

タスクが完了していなかった場合に、リマインドのアラートを送信するのも、あったら便利な機能ですね。もちろん、NuAppでもプロセス管理により、任意のタイミングで通知を送信することができます。タスクごとにユーザーが設定したタイミングで通知することも可能です。
この通知には、タスクへのリンクがついているので、開いて進捗状況を更新することもできますし、そのまま他のユーザーとメッセージ交換して、コミュニケーションを取ることもできます。

NuAppのプロセス管理についてはこちら

この活用例の実現方法

「タスク管理」の設定情報は、NuApp上から無償でインポート可能です。
そのままお使い頂ければ、この活用例のようの利用できます。
また、こうしたアプリをベースに、貴社の業務に合わせて管理する項目等をカスタマイズすることもできます。

詳しくは、お問合せください。

問い合わせる・資料請求