1-カスタム属性の追加

フォーマット名を指定したら、必要な数だけ項目を追加し、項目名と種類を選択します。種類毎に設定を行っていきます。例えば、選択項目は動画の様に選択肢を追加していきます。

※ カスタム属性は、データの管理項目を追加するためのものです。データの種類によってカスタム属性を使えるかどうかが変わってきます。お使いのアプリのメニューに「カスタム属性」等の表現で、カスタム属性の編集メニューがある場合は、カスタム属性に対応しています。(この動画ではCRMを例にとっています)